パーソナルトレーニング中の食事内容とは|ジュエルボディメイク

パーソナルトレーニング中の食事内容とは

運動以外にも大切なこと

運動以外にも大切なこと


パーソナルトレーニングを受ければ、誰でも理想の身体が手に入ると思っている人も多いのではないでしょうか。 一般的なジムに通うよりもお金がかかるため、必ず成功すると思っている人も少なくありません。 しかし、中にはなかなか結果が現れない人もいます。 その原因は人それぞれ異なり、結果の出方には個人差がありますが、トレーナーの言うことを守らないといった要因もあるようです。 パーソナルトレーニングはただ運動をするだけではありません。 食事管理も行わなければ、結果につながらないのです。 よく運動した日はお腹が空き、たくさん食べてしまう人もいるのではないでしょうか。 動いたからたくさん食べても問題がないと思っていたり、トレーナーさんが見ていないから好きなものばかり食べて、食事内容の報告も嘘をついてしまう人がいます。 理想の身体を作り上げるためには、運動と食事管理のセットを徹底しなければなりません。 トレーナーもプロであるため、嘘の報告には気がつきます。 目標が明確な人は食事内容にも気をつけましょう。 ささみしか食べてはいけないなどと無理な食事内容ではないため、安心してください。

気をつけるべきポイントとは

気をつけるべきポイントとは


パーソナルトレーニング中の食事内容で気をつけるべきポイントがあります。 一つは、炭水化物のコントロールです。 過度な制限はリバウンドしやすいですが、毎日ラーメンを食べる、間食でパンをいくつも食べてしまうなど、摂取のしすぎには気をつけてください。 積極的に取るべき栄養素はタンパク質です。 大豆類、肉類など高タンパクのものがおすすめです。 栄養素のバランスを確認しながらメニューを考えましょう。 食べるタイミングも重要です。 人によって生活の仕方が異なるため、自分に合ったタイミングを提案してもらう必要があります。 また、体重が減ってきたり、体型の変化が感じられると、もっと絞ろうなどと自己判断で摂取量を過度に制限するのは体調を崩す原因になり、危険であるため注意してください。 摂取カロリーが消費カロリーよりも少なければ太ることはないため、ストレスが溜まらない程度に調整していくことが大切です。